紛争鉱物に対する方針Conflict minerals

コンフリクト・ミネラルズ(紛争鉱物)調達方針

紛争地域からの違法な鉱物資源採掘は、環境問題であると同時に、その利権をめぐって国家レベルの争いの源になっており、地域の人権問題を誘発しています。
私たち企業がそうした状況を知りながら、そうした鉱物資源を使い続けることは、結果として紛争長期化につながり、その地域の環境破壊や人々への人権侵害に手を貸していることになります。
当社はこうした認識のもと、金属材料(金属を含む部材)の調達にあたり、次のとおり対応します。

  • (1) アルメディオは、紛争地域を採掘源とする材料の使用排除に努めます。
  • (2) アルメディオは、3TG(タンタル、タングステン、すず、金)の調達にあたり、仕入先に対し、紛争地域を採掘源とする材料の不使用について、理解と協力を求め、金属材料の採掘源の調査を進めていきます。
  • (3) アルメディオは、紛争地域を採掘源とする材料の使用を知った場合、調達を中止し、代替品の調達に切り替えていきます。
  • (4) アルメディオは、関係する情報を収集し、上記の目的に照らし、本件施策がより効果的となるように、施策内容、進捗を見直していきます。