Messageトップメッセージ

トップメッセージ

機能性材料メーカーへ

 2020年は、新型コロナウィルスに振り回された年でした。
市場の先行き不安から受注の縮小があったかと思えば、物流や仕向け国の通関遅延の影響から、在庫を積み増す動きが出始め、売上の前倒し現象が起きるなど、現場は常に対応を迫られました。また、人々の行動が制限されたことで新製品の評価に時間がかかり、新規事業推進にも影響が出ました。これを読まれているすべての方々に、何らかの影響が出たと思います。

そのような不安定な外部環境とは別に、当社においては光が見えた年でもありました。

今我々は、事業構造改革の真只中にいるわけですが、新規事業として進めているナノマテリアル事業で、未来を信じるに足る、当社が機能性材料メーカーとして生きていくために必要な知見、データの取得が大きく進んだことです。それらをもとに、ナノファイバーの強みと性質をより深く理解し、コントロールすることで、無限に存在するアプリケーションに最適な解を導き出せるようになってきました。また、経済産業省が進める「戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」に認定いただいたことで、開発環境が整い、より迅速な対応が可能になってきました。

断熱材事業では、多くのお客様が先行き不安から定期修理を延期する中、国内大手鉄鋼メーカーの新規大型案件を受注することで、事業構造改革を進める上での勇気を与えてくれる存在になっています。

今期も不安定な状態は続くと思いますが、アルメディオは、挑戦を続けます。
引き続き当社グループへのご支援、ご鞭撻を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 髙橋 靖